馥華大観ビジネスホテル

即日起调增入境总人数为每周4万人次,另自7月14日起,国人、持有效居留证及来台转机者,搭机前得免持2日内PCR报告

中央流行疫情指揮センターは本日(7)、入国検疫日数を6月15日から「在宅検疫3日+自己予防4日」に調整し、入国者総数を調整すると発表した。過去3週間で、国際および国内の疫病、ならびに国内の疫病予防および医療能力の継続的かつローリングなレビューの後、インバウンド到着の総数は1人あたり40,000に増加します。原則として1週間(台湾時間から)、中国国民、有効な居住許可の保有者、および通過のために台湾に来るすべての人は、搭乗前2日以内にPCRレポートを保持することを免除されます。ただし、海外で陽性と判定された人は、航空の安全と地域の流行防止のために、収集と検査の日から7日間停止されます。

コマンドセンターは、検疫日、検疫場所、試験措置、自宅検疫、およびインバウンド乗客に対する自主的なエピデミック防止規則は変更されておらず、次のように繰り返されていると説明しました。

1.検疫日と施設:

(1)入国日は0日目で、3日間の自宅検疫と検疫期間終了後の4日間の自己予防。

2.陰性の在宅抗原クイックスクリーニング検査の結果は、出勤して日用品を購入する前に2日以内に必要です。
1.非必要不可外出。
2.需有 2 日內家用抗原快篩陰性檢驗結果,才可外出工作及採買生活必需品。
3.マスクを着用し、外出するときは社会的距離を保ちます。
4.業績には、出勤、訪問、スピーチ、会議の開催が含まれます。 ただし、マスクは引き続き着用し、社会的距離を維持する必要があります。
5.作業期間中はマスクを着用し、社会的距離を保ち、食事が必要な場合は一時的にマスクの着用を免除し、使用後はすぐにマスクを着用してください。
6.混雑した場所に出入りしたり、不特定の物体と接触したりしないでください。
7.業績は、レストランの別のスペースで単独で、または特定のオブジェクトを使用して実行できますが、パーティションがあるか、社会的な距離を維持する必要があります。
8.緊急でない必要性のための医療または検査は延期されるべきです。
(3)検疫所は、1人1世帯を維持するか、エピデミック対策の宿泊施設に滞在し、同じ検疫所で3日間の自宅検疫と4日間の自己流行予防を完了することを原則としています。 また、移民労働者、漁師、学生が共通の生活モデルを採用していることを考えると、集団感染のリスクが高く、対象事業の管轄部門が元の検疫所の監督を維持し、自己流行予防を完了します。自己流行予防期間中は、学校への通学や就労はできません。必要な場合以外は外出しないでください。

2.検出手段:

(1)ウイルス核酸(PCR)検査:入国時(0日目)に、空港/港でディープスロート唾液サンプルを収集してPCR検査を行います。

(2)家庭用迅速スクリーニング試薬検査:入港時に、国際港の現地スタッフが2歳以上の乗客に家庭用迅速抗原スクリーニング試薬を2回配布します。これは、検疫期間中に症状が発生した場合に使用できます。自己予防期間中に初めて外出するとき。

3.入国から検疫所までの輸送:エピデミック対策の護送船団に加えて、親戚、友人、政府機関が車両を引き取る場合があり、エピデミック対策を参考にさまざまな対策を講じる必要があります。エピデミック対策コンボイの規制。

同時に、台湾をご利用のお客様は、定期便の2日前までにPCRレポートをお持ちいただく必要があります。7月14日(定期便の到着予定時刻)の0:00から、制限が緩和されます。中国国民と有効な居住許可、およびすべての旅行者に与えられます。台湾と台湾間を移動する人は、搭乗前にこのレポートを保持する必要はありませんが、海外で陽性と判定された人は、日付から7日以内に搭乗を停止する必要があります。航空の安全と地域の流行防止のための収集の概要;コマンドセンターは引き続き海外の変異体を監視し、乗客の入国審査の確認された事例などは定期的に見直され、この措置は改訂され、必要に応じて再起動しました。

コマンドセンターは、国​​境検疫措置がCOVID-19の流行を防ぐための重要な鍵であることを繰り返し、検疫期間中は関連事項を遵守し、国内コミュニティの安全を共同で維持するよう国民に呼びかけました。

 

データ/写真出典:厚生省